苦しみとは|聖書の話


聖書の話をしていると「神が愛であるなら、なぜ、この世界には多くの『苦しみ』があるのか?」といった意味の質問をされることがあります。

日本の学校で教えらている「進化論」は、一切のものが進歩、発展、前進しつつあると主張します。「人間の現在の状態は、まだ中間的な状態でしかない。」「物事が今のようなあり方をして、「苦しみ」があるのは、まだ特定の発展段階までにしか前進していないからなのですよ。」というように。 続きを読む 苦しみとは|聖書の話