苦しみとは|聖書の話


聖書の話をしていると「神が愛であるなら、なぜ、この世界には多くの『苦しみ』があるのか?」といった意味の質問をされることがあります。

日本の学校で教えらている「進化論」は、一切のものが進歩、発展、前進しつつあると主張します。「人間の現在の状態は、まだ中間的な状態でしかない。」「物事が今のようなあり方をして、「苦しみ」があるのは、まだ特定の発展段階までにしか前進していないからなのですよ。」というように。 続きを読む 苦しみとは|聖書の話


聖書は完全に人間の言葉であるのと同時に完全に神様の言葉


信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについてのみことばによるのです。(ローマ人への手紙 10:17)

聖書はあなたに知恵を与えてキリスト・イエスに対する信仰による救いを受けさせることができるのです。聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。それは、神の人が、すべての良い働きのためにふさわしい十分に整えられた者となるためです。(第2テモテ3:15-17) 続きを読む 聖書は完全に人間の言葉であるのと同時に完全に神様の言葉


「名探偵コナン」が教えてくれること


幼い頃、毎週月曜日の楽しみは「名探偵コナン」でした。

私のファミリーの教育方針だったのかは分かりませんが、「クレヨンしんちゃん」は見たことがありません。「名探偵コナン」は毎年映画館へ行くほど熱烈に見てました。

私のファミリーは「名探偵コナン」を通して何を教えようとしていたのでしょうか。 続きを読む 「名探偵コナン」が教えてくれること


聖書と睡眠


日本のスターバックスで注文可能なコーヒーの最大サイズはベンティですが、アメリカのスターバックスにはトレンタというサイズが存在して、916mlもの容量だそうです。この間の朝食で「片手で持てないんじゃない?やばいファニーだね。」と盛り上がりました。 続きを読む 聖書と睡眠


神様が居ない世界なんて、本を売ってないAmazonみたいなもんだ。考えられないよ。


私が小学校の頃、多くの友達がハリーポッターを読んでいました。(私は指輪物語派でした。)少し調べてみたら、過去50年で4億冊発行されたそうです。世界中で今尚大ヒットし続けていて、67もの言葉に翻訳されています。(Wikipedia) 続きを読む 神様が居ない世界なんて、本を売ってないAmazonみたいなもんだ。考えられないよ。