富谷市の「はちみつプロジェクト」が熱い。ミツバチがいなくなったら、スターバックスでコーヒーが飲めなくなる。


つい1950年代まで、中央アフリカのムブティ族は食事の70%を野生のハチの巣に頼っていて、1日に900gも食べていたという。

養蜂家や、ハチミツを巣ごと売っていた「昔ながらのやり方」に慣れている人たちもハチミツを巣ごと食べるのだそうだ。 続きを読む 富谷市の「はちみつプロジェクト」が熱い。ミツバチがいなくなったら、スターバックスでコーヒーが飲めなくなる。