「狭い門から入りなさい。」(マタイ7章13節)

「狭い門から入りなさい。」(マタイ7章13節)

この記事は教会のキッズに語った聖書メッセージです。

キッズ礼拝のホームページはこちら

 

 聖句:「狭い門から入りなさい。」(マタイ7章13節)

これはイエス様のことばです。「狭い門から入る」っていうのは、イエス様を信頼して、イエス様に従って生きるっていう意味です。

ところでみんな。野球やったことある?僕は小学校の時に教会でやってました。僕が小学校の時は茨城県の教会に住んでたんだけど、その時、教会に小学校の男の子が10人以上きてました。その中の一人の男の子が野球がめちゃ大好きで、よく教会の庭で野球をして遊んでました。そやって遊んでいたら、他のいくつかの教会に子供の野球チームがあることが分かったんです。それで、僕の教会でもチームを作って、教会同士の野球大会に出場しよう!って決まったんです。それまでは遊びだったんだけど、試合をする!って決まってから特訓が始まりました。僕のお父さんが監督になってチームを作りました。監督は特訓の最初の日に言いました。「このチームに入りたかったら、次の3つのルールを守りなさい。

ルール①監督の言うことに「はい!」と、大きな声で従うこと。

ルール②チームの仲間をバカにしないこと。仲間がミスをしてもバカにしないで励ますこと。

ルール③道具の片付け、ボール拾い、嫌なことでも進んでやること。

このルールに従うことができないなら、チームに入らなくていい。分かったか?」「はい!」その時から僕たちは一生懸命練習しました。仲間がボールをキャッチできなかった時、「なにやってんだよ!」と言いませんでした。「ドンマイ!」と励ましました。ボールが草むらのめちゃめちゃ取りにくいところに入っちゃた時。近くにいる人が進んで取りに行きました。監督が「集合!」といったら、みんな大きな声で「はい!」といって集まりました。僕たちは監督を信頼して監督のルールに従って練習しました。チームの雰囲気はどんどん良くなりました。そしていよいよ、試合の日。僕のチームはバスに乗って野球場に出かけました。全部で5つのチームがいました。他のチームは本格的なユニフォームをきていて、すごく強うそうでした。僕たちのチームだけは、普通の服をきてました。ユニフォームを買うお金がなかったからです。1試合目、勝ちました!2試合目、勝ちました!そして三試合目の決勝戦…勝ちました!なんと、僕のチームが優勝したんです。僕のチームは試合の時も3つのルールを守りました。監督に「はい!」と言って従いました。自分の仲間がミスしても「ドンマイ!」と励まし合いました。敵のチームにもよい言葉をかけました。そうやって監督を信頼して、監督のルールに従って戦ったら、他の強いチームに勝って優勝することができたんです。トロフィーをゲットすることができたんです。

同じように、僕たちがイエス様を信頼して、「狭い門から入って」イエス様に従って生きると、天国で冠をもらうことができるんです。イエス様を信頼していても、イエス様の教えを厳しく感じて、その時は従いたくないなーと思うことがあるかもしれません。でも、その時はわからなくても、信じて従うと最高なんです。続けて教会に来て、イエス様を信じて従う人になってほしいと思います。

 

新サイト、「ENTERTAINMENT 77. 」更新中

ENTERTAINMENT 77.
ENTERTAINMENT 77.

投稿者:

avatar

伊藤 走

伊藤走(イトウソウ) 自称ハッピーな神学生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です