ジョシュアハリス氏が「聖書が教える恋愛講座」の内容について読者に謝罪

J・I・パッカーの「伝道と神の主権」が読みたすぎる件

現在Amazonでも入手不可能なJ・I・パッカーの著作「伝道と神の主権」がいのちのことば社で限定復刊されるかもしれません!!

 

応募が300を超えた場合にのみ復刊されます。(締め切りは2019年3/31)
応募が300を超えた場合にのみ復刊されます。(締め切りは2019年3/31)

 

父に教えてもらったこの本。超絶欲しすぎて、先ほど応募しました。

というのも、今教会で「使徒の働き」を読んでいて、タイムリーでこのことについて、「伝道と神の主権」について、考えていたからです。(『「使徒の働き」ではイエス様のお言葉通り〈使徒1:8〉に聖霊に導かれた使徒たちによって、教会の成長と拡大が展開してる。この物語は「使徒たちの働き」であり、同時に完全に「聖霊の働き」だ。』というような感じで、神の主権と人の意思・働きの関係について思い巡らさせられています。そして、このことを言語化できるようになりたい、という思いがあります。)

「伝道と神の主権」について理解を深めたい今ちょうどこの時に「限定復刊」がなされようとしています。ザ・タイムリー。感謝です。

一つ気になってるのが、本のタイトル。

1940年米国で刊行されて以来、世界各国で翻訳され読みつがれてきた名著「本を読む本」に、本のタイトルを「よ〜く考えろ!」ってことが書いてある。なぜJ・I・パッカーは「神の主権と伝道」ではなくて「伝道と神の主権」にしたのだろう。パッカーの意図が何なのか、気になります。読むのが楽しみです。

ほかにもロイドジョンズの「一日一言」(これはAmazonだと7000円を超えてる)、「キリスト者の戦い」など価値ある本の数々が候補にあがってますので、気になるかたは下のリンクからチェックしてみてください。↓

いのちのことば社限定復刊2019

 

THANK YOU FOR READING.


投稿者:

avatar

伊藤 走

伊藤走(イトウソウ) 自称ハッピーな神学生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です