クリスチャンのセックスについてティモシーケラーの「結婚の意味」から教えられたこと

クリスチャンのセックスについてティモシーケラーの「結婚の意味」から教えられたこと


「婚前交渉がカッコイイ」という価値観が私世代の若者(ノンクリスチャン)にはあります。が、聖書を信頼するクリスチャンの価値観は違います。

「結婚まで純潔を守ってこそ自制力あるカッコイイ、男の中の男」なのです。

クリスチャンはなぜ「結婚までセックスをしない」のか。(結婚前にセックスしてしまった人がクリスチャンになれないということでは決してありません。なってください。)いや「結婚までセックスをしたくない」のか。

その秘密を紐解くために、この記事ではジャスティンビーバーも読んだというティモシーケラーの名著「結婚の意味 -わかりあえない2人のために-」の第8章「セックスと結婚」の超絶要約部分をシェアします。

 

 


第8章「セックスと結婚」の要約

 

ティモシーは、この章でなぜ聖書がセックスを夫婦間のみに限定しているのか、また、その聖書の見解を採用するのなら、独身、既婚どちらにおいても、どのような行動となってあらわれるかについて考察します。

 

「セックスは単なる欲求だ」という見方、「セックスは汚い」という見方、「セックスは個人的な問題だ」という見方、いずれも間違っているとティモシーは聖書の原則を説明します。

聖書的性倫理を要約するならば「セックスは結婚した夫婦間でのみ用いられるためのものである」と言えるのです。

ノンクリスチャンの中には、クリスチャンは「セックスを人の品位を落とす汚れた行為だ」と考えていると勘違いしている人もいるでしょう。が、それは全くの誤りです。

聖書には優れた愛を歌があり、性的な情熱や喜びを祝う歌を歌います。もしもセックスがそれ自体悪だとか、汚れているという人がいたら、クリスチャンは聖書をもって、それに反論できるのです。

神は、夫婦間でのセックスを強く命じています。(Ⅰコリント7章3節~5節)

箴言では夫たちに、その妻の乳房で喜びに満たされて、性愛に酔いしれることをむしろ推奨しています。(箴言5章19節。申命記24章5節)とりわけ雅歌は、こうした結婚における性愛の楽しみを露骨に表現しています。

聖書は、性に厳しい人たちには目のやり場に困るような本なのです。

1コリント6章7節以下で、パウロはクリスチャンが売春婦とセックスをすることを禁じています。セックスすることで「一つのからだ」になるからです。(1コリント6章15節)

「一つのからだ」とは「一つの人格」になることです。人生のすべてのレベルで、男女が人格的に結び合わされるということです。だからパウロは、セックスが本来反映するはずの人格的な一致なしに、ただ肉体的にだけ一体となろうとする凄まじさを酷評しているのです。自分の人生全てを懸けて関わるつもりのない人に、肉体的にだけ関わることは、明らかに間違っている、と聖書は主張します。CSルイスは、結婚という契約のないセックスを、飲み込みも消化もせずに食べ物を味わうことに例えましたが、まさに言い得ています。

1コリント7章3節~5節は、夫婦はどちらも、セックスの喜びを得ようとする以上に、与えようとすることに最大限心を注ぐべきだと教えます。聖書の示すセックスの最大の喜びは、「相手の喜びを目にする」という喜びであるべきなのです。

そして、一人の男性と一人の女性とのセックスは父と子の間の愛を指し示します。(1コリント11章3節)それは、三位一体の神のいのちそのものの中にある、喜びに満ちた自己犠牲と、愛の楽しみの反映とも言えます。

また、セックスが栄光に満ちているのは、三位一体の喜びを反映しているからだけでなく、天の国において得られる、永遠の喜びを指しているからでもあります。ローマ7章1節以下では、最高の結婚は、私たちが愛するキリストと、深く、無限に満たされる、最終的な一致を指し示していると言われています。よく、男女のセックスは、自分の体から抜け出るような体験だと言われますが、もっともです。それは、息をのむようで、大胆不敵で、想像すらつかないような姿、つまり、私たちの将来そのものだからです。

 


 

以上、ティモシーケラーの名著「結婚の意味 -わかりあえない2人のために-」の第8章「セックスと結婚」の要約でした。

シェアしたのは本当に超絶要約部分で、触れていないトピックもあります。もっと詳しく知りたい方はティモシーの本↓を手に入れて読んでみてください。

 

 

最後に、結婚まで純潔を守った夫婦の結婚式の動画をシェアします。

 

「彼らは神の教えを守ったのです。私は彼らのファーストキスを目にすることができました。神の教えのために4年半を過ごした二人は賞賛に値します。」式を見守った牧師の言葉

 

THANK YOU FOR READING.

 


投稿者:

avatar

伊藤 走

伊藤走(イトウソウ) 自称ハッピーな神学生