「余計なこと」めっちゃをしろ!

「余計なこと」めっちゃしろ!


ついさっき、ある経営者のブログから教えられた大切なことがあります。

「余計なことをする」ということです。

私は小学校から大学生までボクシングのトレーニングに打ち込みました。

その頃を振り返ると、余計なことを一切していませんでした。

「これこれをやれ。」と指導されれば、素直にやりました。

「800メートル3分10秒以内に5周」と言われれば走ったし、「井上尚弥とスパーリングしに行け」と言われれば覚悟を決めて大橋ジムへ向かいました。

しかし、余計なことは一切しませんでした。

指導されたトレーニング以外のことはしなかったし、ボクシングの世界戦などを見て、自ら研究することもしなかったのです。

対して本当に強くなるボクサーというのは指導された以上に自ら考えて自己鍛練をする、つまり「余計なこと」をするものです。

 

「余計なこと」を積み重ねると強くなる
「余計なこと」を積み重ねると強くなる

 

または、指導されるより前にそれをしています。

ビジネスの世界で言えば、「誰かこれやりたい人!」と言われた時に、

「じゃあ、今からやります!」の人と、

「もうできてます!」の人がいたら、

後者の方が絶対に有利です。

だからこそ、誰かに指示されるよりも前に、自分で考えて「余計なこと」を積み重ねることが大事です。

そういう風に「余計なこと」をしまくってる人が、ボクシングで言ったら世界チャンプに、ビジネスで言ったら大企業のCEOになって、指導する側の「責任者」になるのですから。

さて、私もそろそろ「余計なこと」をしない時代に終わりのゴングを鳴らさなければなりません。

ボクシングの訓練は終わり、今はアンテオケスクール神学校でクリスチャンとしての訓練を受けています。

課題を早めにきちんとこなして、課題以上のことをして、さらに「余計なこと」をしまくらなくてはなりません。

「祈り」という最高の仕事、「余計なこと」を…

 

「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべてのことにおいて感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。」聖書

 

今欲しい。金の聖書。↓

 

THANK YOU FOR READING.

 

P.S. 以下の映像は誰にも指導されてないのに作成した、神様の前に最高に価値ある「余計なこと」です。作るのに3時間かかりました笑

 


投稿者:

avatar

伊藤 走

伊藤走(イトウソウ) 好きな場所は教会とスターバックス。