バットマンの知恵袋「映画ダークナイトシリーズ」より

バットマンの知恵袋


好きなアメコミヒーローは?と聞かれたらなんと答えますか。

ダークナイト(バットマン)

私はそう答えます。

映画「ダークナイト」はアメコミ「バットマン」を原作とした実写映画作品です。(3部作)

 

史上最高のヒーロー映画と謳われる『ダークナイト』
史上最高のヒーロー映画と謳われる『ダークナイト』

 

アメコミ映画というと、子供っぽい印象がありますが「ダークナイト」シリーズは正反対です。完全に大人向けに作られています。軽い気持ちで見たら度肝を抜かれるような内容です。

スーパーマンは宇宙からやってきた文字通りの「超人」です。

スパイダーマンもまた手首からクモの糸を出して、壁に張り付く「超人」です。

しかし、ダークナイト(バットマン)はあくまで「普通の人間」です。

ダークナイト(バットマン)が使うのは、バットスーツやバットモービルといった超ハイテクテクノロジーで、それらは現実にありそうでない存在です。映画全体、非現実さといったものを感じさせません。

ダークナイトシリーズはリアリティを追求した映画であると、映画を見切った人の多くは言うに違いありません。

 

単なるアメコミではない。
単なるアメコミではない。

 

ダークナイト(悪の騎士)はバットマンの異名で、作中でも「正義とは何か?」「悪とは何か?」をひたすら訴えかけてきます。

登場人物それぞれに自分の「正義」を持っていて、それは捉え方次第では「悪」であり「善」でもあるのか?正義とは「善」なのか?「悪」の正義は存在するのか?そんな「善悪の存在」をどう捉えるのべきなのかを私たちに問うような形で、絶妙に描いています。

 

「神がいなければ、すべてがゆるされる」ドストエフスキー
「神がいなければ、すべてがゆるされる」ドストエフスキー
あなたは「正しい」「正しくない」の絶対的基準を持っていますか?
あなたは「正しい」「正しくない」の絶対的基準を持っていますか?

 

バットマンの知恵袋

 

ここからは、私がダークナイトシリーズ3部作を見切って教えられた「バットマンの知恵袋」をシェアします。

ダークナイトを見た方にも、「これから見る」という方にも、「永遠に見ないぜ」という方にも参考になりますので続けてお読みください。

 

Ⅰ バットマンには過去の傷(心の闇)がある。

 

マスクを外したダークナイト(バットマン)
マスクを外したダークナイト(バットマン)

 

バットマンの両親は、彼が幼き頃に亡くなりました。目の前で強盗に射殺されてしまうのです。作中では両親の死は自分のせいであると考えたり、その強盗に対する復讐心に燃える姿が描かれます。

 

バットマンの少年時代

 

彼は生涯自分の「心の闇」と戦い続けますが、自分の「闇」を知っているが故に、それを克服し普通の人では成し遂げることができないことをやってのけたのです。

現実世界でも「心の闇」を持っていない人間はいません。「心の闇」をどう克服していくのかが問題です。マッキントッシュ著「リーダーシップのダークサイド~心の闇をどう克服するか」は、そのことを多くのケーススタディを用いて非常に分かりやすく解説しています。↓

 

Ⅱ バットマンは荒野で訓練した。

 

何でもすぐに手に入り、検索ですぐに答えが見つかる今の時代。長い時間をかけてコツコツと続けることが馬鹿らしく思えてしまいそうですが、「ダークナイトシリーズ」で描かれているバットマンを見れば「忍耐と訓練」がいかに大切か思い出すことができます。聖書は何千年も前から教えてくれていますが↓

 

Ⅲ バットマンは信頼できるパートナーを見つけただけでなく、パートナーの「眠っていた能力」を最大限に引き出した。

 

 

バットマンの装備、兵器、乗り物のすべては、ルーシャス・フォックス(モーガン・フリーマン)が開発しています。

バットマンのパートナーとなる前は自身の務める会社で暇をしていたルーシャス。バットマンに開発・サポートを頼まれてからは子供のように生き生きとしはじめたのです。

 

Ⅳ バットマンは小さな街を救うために命がけで戦った。

 

バットマンはスーパーマンのように、一瞬で地球を何周もすることはできません。

彼は、ゴッサムシティという小さな街を守り導く使命に生きたのです。

「マスクは大事な人を守るためだ」バットマン
「マスクは大事な人を守るためだ」バットマン

 

Ⅴ バットマンは他人の罪を背負った。

 

バットマンは誰に誤解されようと自分の使命に生きました。信念を貫いたのです。

バットマンは作中で正しいことをしているのに、悪人のように扱われます。そして、悪人の身代わりとなるのです。世界で最も偉大なリーダー、イエスキリストを彷彿させるストーリーです。

 

「ほら、見ろ最後の瞬間に人々の本性ってのがわかるのさ。」ジョーカー
「ほら、見ろ最後の瞬間に人々の本性ってのがわかるのさ。」ジョーカー

 

Ⅵ バットマンは後継者に権威を分与した…

 

作品の中ではっきりと後継者を任命したわけではありませんが、3作目に登場する孤児院出身のブレイクにその使命を受け継いでいるように私は思いました。

 

 

「バットマンはシンボルなんだ。誰でもバットマンになれる。マスクを着ければ」
「バットマンはシンボルなんだ。誰でもバットマンになれる。マスクを着ければ」

 

以上「バットマンの知恵袋」でした。

下にダークナイトシリーズ3作を順番通りに貼っておきますので参考にしてください。

それでは、、

THANK YOU FOR READING.

この記事で使用した写真のすべての出典はThe Dark Knight Trilogykからです。


投稿者:

avatar

伊藤 走

伊藤走(イトウソウ) 自称ハッピーな神学生