実話映画「ハクソー・リッジ」超おすすめ

実話「ハクソー・リッジ」惣菜丸走映画部門による評価700%越え


先日、「絶対に見てほしい!」と、ある方からレターパックで一枚のDVDが届いた。

2016年にアメリカで公開された映画「ハクソー・リッジ」。(監督はメルギブソン)

アメリカ軍が映画に登場するある場所を「ハクソー・リッジ」と呼んだのが、ハクソー・リッジの意味
「ハクソー・リッジ」の意味… アメリカ軍が映画に登場するある場所を「ハクソー・リッジ」と呼んだ

ハクソー・リッジを見終わって、彼がわざわざレターパックで送ってきてくれた気持ちが700%わかった。(逆に私も「あの人に送りたい」と一人思い浮かんだ)

ハクソー・リッジは実話に基づく映画だ。

第二次世界大戦中のストーリーなので戦争のシーンも多い。

戦争シーンを見るのは苦手な私だけど、見て本当によかったと思う。

私は泣いた。

何が起ころうとも、状況が悪くとも、主の言葉に信頼する信念をもって生きる主人公の姿に心打たれた。

「神の国の兵士として一心に走り続ける」とは、どういうことなのか。もう一度考えさせられた。

映画の中では紹介されなかったけど、Wikipediaによれば主人公のデズモンド・T・ドスのあだ名は牧師だった。私も、彼のように聖書の言葉を純粋に信じて生きたい。主の言葉に信頼する信念を貫いて生きたい。

「この世と調子を合わせてはいけません。むしろ、心を新たにすることで、自分を変えていただきなさい。」(聖書-ローマ人への手紙12章2節)

喜びます。祈ります。感謝します。天のお父様が私を変えてくださります。ハレルヤ。

映画「ハクソー・リッジ」Amazonはこちら


投稿者:

avatar

伊藤 走

伊藤走(イトウソウ) 好きな場所は教会とスターバックス。