道があるから走るんだ


1962年、 J・F・ケネディ元大統領がNASAスペースセンターを訪れた際、大統領の訪問に備えて施設内の掃き掃除を一生懸命している清掃係の姿を目にしたため、大統領は男に向かって次のように声をかけました。

「こんにちは、ジャック・ケネディといいます。ここで何をなさってるんですか?」

すると男は、ためらいなくこう答えたといいます。

「人類を月に送り込むお手伝いですよ、大統領閣下。」

 

ビジョンに生きる。

 

先日知り合った牧師先生がブログでシェアしていた言葉を思い出します。

『聖書が私たちに教えるのは、他者と競いあって勝ち残ることではなく、一番を目指すような心構えや生き方です。イエス様にあって誰もがすでに勝利者とされているのですから、それにふさわしい日々の歩み方をしていきたいですね。』

『競技場で走る人たちは、みな走っても、賞を受けるのはただひとりだ、ということを知っているでしょう。ですから、あなたがたも、賞を受けられるように走りなさい。』コリント第一 9.24

 

コンビニの募金箱にお金が貯まっていることからも分かるように、「良いこと」は聖書を読まなくてもできます。ですが、「神の御心」は「神との深い交わり」がなくてはできません。聖書が容易に読める環境に、私はもっと感謝しなければなりません。

イエス様のように朝早く起きて祈り、「God’s Plan 」を知り、「God’s Vision」に生きれますように。

オフィスや教会に大統領が来た時に、「人類を神の国に送り込むお手伝いですよ、大統領閣下。」と言えるように…

『兄弟たちよ。私は、自分はすでに捕えたなどと考えてはいません。ただ、この一事に励んでいます。すなわち、うしろのものを忘れ、ひたむきに前のものに向かって進み、 キリスト・イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、目標を目ざして一心に走っているのです。』ピリピ3;14


投稿者:

avatar

伊藤 走

伊藤走(イトウソウ) 自称ハッピーな神学生