スターバックスの紙コップも赤色になり、大好きなクリスマスが近づいて来ました。

 

クリスマスは1年の中で最もテンションが高まると言っても過言ではありません。

 

クリスマスパーティーが終わったら、それとほぼ同時に2016年も終わりを告げます。

 

2016年を振り返ってみるとなかなかグレートな毎日でした。

 

92%の人は新年に立てた目標を達成できないというデータがあり、新年の抱負を立てるか立てないかは賛否両論のようですが、私は社会人になってから目標を打ち出してみるようになりました。

 

もおちょっと。2017年。

 

2016年の新年の抱負は「本と友達になる。」

 

小中学校の頃は朝に読書の時間があり、本が結構好きでしたが、高校から大学まではほとんど本を読まなかったです。

 

今思うと、大学のキャンパスは本を読むためのような空間でしたし、読書に費やせる時間もありました。

 

振り返るとものすごく悔しいです。(泣)

 

大学を卒業してから、少しづつではありますが、本を読み、思考することが増えてきました。

 

今は本が友です。(笑)

 

カフェに本と行く

 

本を読むことについてリサーチしてみました。↓

 

ローマの哲学者キケロは次のように言いったそうです。

 

「本のない部屋は、魂の無い肉体のようなものだ。」

 

アメリカの調査では、ビルゲイツやウォーレン.バフェットのような大富豪が1日30分以上本を読むのに対して、年収300万円前後の人たちの中で1日30分以上読書していたのは、たったの2%しかいなかったそうです。

 

日本マイクロソフトの社長さんは本を読むために全ての移動にタクシーを使っていて、「年間100万円で400時間を買えるならば、安い」と言っています。Wow。

 

本を読むことに関して、こんな話もあります。

 

1974年、フランスのブルターニュ半島のテレビ塔が過激派によって破壊され、その後1年間にわたって、テレビが見れなくなってしまいました。すると人々は本を読むようになり、それによって村の人々のコミュニケーションが増え、人々のつながりが親密になったといいます。

 

ギリシャの哲学者、ソクラテス「良い本を読まない人は、字を読めない人に等しい。」

 

本を読み、自ら思考することは良いことに思います。
本を読むことで会話の質が向上しコミュニケーションも増えるかもしれません。

 

読書は最高にグレートです。

 

読書して考えないのは、 食事をして消化しないのと同じである。エドマンド.バーグ

 


 

2016年本を読むことを習慣にすることに成功しました。

 

オススメしたいグレートな本も何冊かシェアできるようになってきました✌️

 

本を読むことはグレートですが、

 

「なんのために本を読むのか?」

 

そのレスポンスの方が本を読むことより重要に思います。

 

同じレスポンスを共有できる仲間がめっちゃ増えて行くことを期待しています。

 

God Bless You.

 

 


投稿者:

avatar

伊藤 走

伊藤走(イトウソウ) 自称ハッピーな神学生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です