死んだらどうなるのか


私が住んでいる国。日本。

アイフォンや財布を電車に忘れても、たいていの場合は交番に届けられている。

礼儀の心を重んじる侍スピリットが色濃く残ってる最高の国の一つです。

日本人は長生きすることでも有名です。

2015年の日本人の平均寿命は女性が、86.41歳、男性が79.94歳で女性は世界1だったそうです。

しかし、多くの人はこの平均寿命を勘違いしています。

それは、「自分は平均寿命までは生きられるだろう」と思ってしまうことです。

平均寿命まで生きられる確率は37%しかありません。

私たちが思っている以上に平均寿命まで生きられると言うことは長生きなのです。

また、100歳まで生きられる確率は2.1%だと言います。

100人に2人が100歳まで生きられる計算になります。

いつ死ぬか。誰にもわからない。

何をするにも、計画を立てることは重要です。

ビルゲイツも、「成功の秘訣、それは大きなビジョンがあるかどうかだ。」と計画(ビジョン)の大切さを語りました。

聖書も、「勤勉な人の計画は利益をもたらし、すべてあわてる者は欠損を招くだけだ。」と言います。

しかし、明日生きている保証がない私たち人間にとって、最も重要なことは、死後の計画を立てることではないでしょうか?

スティーブジョブズは死を目前にして、「喜びが少ない人生だった。人生の終わりには、富など、私が積み上げてきたものは人生の単なる事実でしかない。今やっと理解したことがある。富とは関係のない他のことを追い求めた方が良い…」と言ったと言います。

聖書は人間は全員罪人であり、死後に裁きがあるといいます。

そして、人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっているように、キリストも、多くの人の罪を負うために一度、ご自身をささげられましたが、二度目は、罪を負うためではなく、彼を待ち望んでいる人々の救いのために来られるのです。ヘブル書9:27 ~28

私たちは私たちの作者である神様から離れて生きていることを悔い改めなければならないのです。

神である主はこう仰せられる。悔い改めよ。エゼキエル書14;6

そして、イエスキリストを自分の救い主として信じましょう。

主イエスを信じなさい。使徒16;31

神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。神が御子を世に遣わされたのは、世をさばくためではなく、御子によって世が救われるためである。 御子を信じる者はさばかれない。信じない者は神のひとり子の御名を信じなかったので、すでにさばかれている。ヨハネ3:16~18

なぜなら、もしあなたの口でイエスを主と告白し、あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら、あなたは救われるからです。人は心で信じて義と認められ、口で告白して救われるのです。聖書は言っています。「彼に信頼する者は、失望させられることがない。」ローマ書10;9〜11

神であるイエスキリストは私の罪ために、あなたの罪のために十字架にかかって苦しみ、死んで、三日目によみがえってくださいました。

私の、あなたの罪を悔い改めて、イエスキリストの十字架を信じれば、私たちは死んでも天国へ行けるのです。

この事実を信じますか?

信じてください。私もあなたもいつ死ぬのかわかりません。

一刻も早く、死後の計画を立てる必要があります。

もし、まだ信じることができないのであれば、一人になって、真実の神様に向かって祈って欲しいと思います。

あなたが本気で求めれば必ず神様は答えを下さいます。

また、教会にも気軽に足を運んでみてください。教会の見つけ方はここ。


投稿者:

avatar

伊藤 走

伊藤走(イトウソウ) 好きな場所は教会とスターバックス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です